プロフィールを更新しました。改めまして、わたくしこういうものです【花咲マリサの偏愛マップ】

プロフィールのイラスト・偏愛マップ

プロフィールを更新しました。

これまでのプロフィールは簡易的なものだったので、もう少し丁寧に書いたものにアップデートしました。

で、プロフィールというのはどうしても硬くなりがちだなあと思いました。
まあ、仕事をするにあたっては、実績や納期や料金がいちばん知りたいことです。なので、硬くても問題ないわけですが。

でも実際は、人と人がつながること。
だから、もう少し人間らしい部分というか、「この人どういう人なの?」が見えるほうがわたしだったら嬉しい。そう思って、偏愛マップを描くことにしました。

偏愛マップというのは、おおざっぱに説明すると、自分が偏愛するもの(ようするに大好きなもの)を1枚の紙にぶわーーと書き出したコミュケーションツールです。教育学者の齋藤孝さんが考案なさいました。※1)初対面でも爆速で仲良くなれるツール。
興味がある方は、 Googleで「偏愛マップ」と検索するとたくさん画像がでてくるので、それを参考に書いてみるといいと思います。なかなか楽しいです。

偏愛マップは、5年ほど前にも書いたことがあります。
いま見直すと根本的な部分は変わっていない。でもやっぱり変わっている部分もある。
数年おきくらいの間隔で、定期的に書き直すといい気がします。

プロフィールについて。

今回、「積極的に関わりたいジャンル」と「描いていきたいこと」を新たに記載しました。

わたしはいままで「こういう仕事をしたい」と声を大にして表現してきませんでした。
自分のイラストの価値は、マーケットのほうがよく知っているという感覚でいたからです。自分が考える需要と、マーケットの需要が違うことは往々にしてあります。需要があるところから依頼がくる。その依頼に対して誠実に仕事をする。そう考えていました。

いまも基本的な考えは変わっていません。

ですが、コロナ禍でいやおうにも内省する時間が多くなりました。

自分がいちばん好きな「絵を描くこと」を仕事にできている時点で、満たされてしまっている部分がある。
ぬるま湯につかって満足していないか?自分が満足ならそれでいいのか?

イラストを通じて、もっと社会に貢献できることがあるのでは?
自分の世界観を、社会に放つチャレンジをしてみてもいいのでは?
わたしにしか描けないものを、深く追求してもいいのでは?

そう考えるようになりました。

そこで、イラストを通じて社会をよくすることに直接つながるであろう「積極的に関わりたいジャンル」と、自分にしか描けないことの追求・自分の世界観を社会に放つチャレンジ「描いていきたいこと」を記載しました。

積極的に関わりたいジャンル

  • 環境・エコに関すること。
  • 医療・教育・福祉に関すること。
  • 多様性を受け入れ、大きな格差を縮めていくこと。
  • サスティナブルな社会を作っていくこと。

描いていきたいこと

  • サスティナブル(持続可能)な社会やサーキュラーエコノミー(循環経済)について知識を深め、発信すること。
  • イラストエッセイ・紀行(運動、登山、旅行、講座などの体験記)
  • フラの楽しさとハワイ文化の啓蒙

わたしの感覚では、環境でもなんでも、みんな「いいことをしたい」とは思っている。
でもどうすればいいのかわからなかったり、調べようにも日々のことに忙殺され時間なかったり、忘れてしまったりしている。

情報を提供する側も、もっとみんなに知ってもらいたいと思っている。
でも難しくて伝わらなかったり、文字情報が溢れていて目に止まりにくかったりする。

イラストを媒体に架け橋となり、みなさんの日々の問題や欲望や退屈を解決し、癒されたり笑顔になったりしてもらうというのが目標です。

よいお話があれば、お待ちしています!

※注釈
  1. 偏愛マップ―ビックリするくらい人間関係がうまくいく本 (新潮文庫) []

About

花咲マリサ
イラストレーター、フラダンス講師。
このブログでは、街中で見かけたスタイルのある人や、日々考えたこと、読んだ本、フラのことについてイラストでご紹介しています。
ゆるーく「脱プラスチック」「ごみゼロ」生活を心がけています。日々の試行錯誤の記録。
ストイックでないミニマリストになりたいです。
詳しいプロフィールはこちら