最新の記事

タリーズコーヒーのチャイは「シロップ抜き」ができるよ。甘いの苦手な方に。

タリーズコーヒーのチャイは「シロップ抜き」ができるよ。甘いの苦手な方に。

わたしは甘くないチャイが好きなんだけど、カフェでチャイを頼むと基本砂糖が入っているので「これ甘いですか?」と聞くのを忘れて注文し、一口飲んで「しまった」とがっかりする。 チャイって甘いのがデフォルトだもんね。 インドではティーカップにティースプーン3杯以上の砂糖を入れるのが一般的で、「お茶」というよりも「お菓子」的な感...
リボンレイ

リボンレイ

毎年、1年の終わりにハラウ(フラスクール)のインストラクター全員で、学校長にサプライズプレゼントを用意します。でも毎年贈っているので、もう「サプライズ」でもなくなってきたけれど(笑) プレゼントは、重くなりすぎない程度に感謝の意を表せるような、ちょっとしたものを手作りします。みんなでフラを順番に踊る動画を作ったり(恋ダ...
『親子の手帖』おはなし会

『親子の手帖』おはなし会

昨年(2018年)の10月、『親子の手帖』のおはなし会に参加しました。 『親子の手帖』読書感想ついては、ここに書いた。この記事を友人で主宰者のかとちゃんが著者の鳥羽さんに届けてくれて、鳥羽さんから「家宝にしたい」というお言葉をいただきました。やっほー! かとちゃんの開催報告 『親子の手帖』おはなし会を開催しました。 わ...
ポメラと環境の変化とヲタ応援グッズの話

ポメラと環境の変化とヲタ応援グッズの話

ポメラを買いました。 ポメラ(pomera)はキングジムが製造販売する、文字を書くことに特化したデジタルメモです。 ライターや小説家の方に愛用者が多いことでも有名です。 ご存知の方には「今さら?」という感じだと思うんだけど(笑) キーボードが折りたたみ型とストレート型があり、わたしはストレート型の方が良さそうだと目星を...
箱根駅伝ラジオ実況の表現力が参考になったので記録しておく。

箱根駅伝ラジオ実況の表現力が参考になったので記録しておく。

箱根駅伝、「手に汗に握る」とはまさにこのことだという波乱の展開でしたねー。初優勝の東海大学のみなさん、おめでとうございます。今年はTVでなくNHKラジオで実況を聞いていたのだけれど、アナウンサーさんの描写力がすごく参考になったので、書き留めておこうと思います。例えばこんな感じ。 〇〇大学の〇〇(選手名)が見えてきました...
2019年、今年の「やりたいことリスト100」作ったよ

2019年、今年の「やりたいことリスト100」作ったよ

昨年、初めてこの「やりたいことリスト100」を作って楽しかったので、今年も作りました〜! わたしのやり方は、「今年は何しよっかな〜(わくわく)」ってぼんやり考え始めて、思いついたのを隙間時間にEvernoteに放り込んだりノートにメモったりしておいて、最後にPCでカテゴリーごとにまとめるという感じです。こういうのって、...
新年のご挨拶。年末年始の過ごし方など。

新年のご挨拶。年末年始の過ごし方など。

新年、あけましておめでとうございます。このブログには、昨年からイラストだけでなく文章(それもちょっと長めの文章)も書くようにしました。誰かの役に立つ情報を書こうとか、そういう志の高さはなく(笑)自分の思うことや記憶の断片を好き勝手に書いているのですが、会う人たちから「ブログ読んでるよ!」と言われることが増え、思いの外た...
2018年の振り返りを振り返る

2018年の振り返りを振り返る

振り返りを何のためにするのかって、よく言われるのは「目標達成のため」だけど、わたしにとっては「自己観察の手段」です。「観察」というのは、対象の実態を知るために客観的かつ注意深く見て、その様子や変化を記録すること。自己観察するとどうなるかというと、メタ認知できるようになる。ここで言う「メタ」とは、「高い次元」という意味で...
2018年の「やりたいことリスト100」を振り返る

2018年の「やりたいことリスト100」を振り返る

今年初めて「やりたいことリスト100」を作りました。欲張りで、100個に収まらず127個になりましたが(笑) 【関連記事】 1月5日投稿→初めて「やりたいことリスト100」作ってみた。 1月12日投稿→「やりたいことリスト」を公開したらどうなったかという話 6月5日投稿→やりたいことリスト100、2018年上半期振り返...
夢であいましょう

夢であいましょう

朝起きた時、わりと夢を覚えています。わたしの夢はカラーで音や香りや手触りもあるけれど、どれも1枚フィルターがかかったような感じなので現実ではないとわかります。だいたい「ああ、これは夢だなー」と自覚しながら見ています。基本的には他愛もないストーリー。「昨日の夢の続き」が起こることもあります。見た夢は、ちょこちょこ日記に書...
Amazonアソシエイトからブログ内広告について考える

Amazonアソシエイトからブログ内広告について考える

Amazonから「紹介料のお支払い手続きを開始しました」というメールが来ていて「はて、何か紹介したっけ?」と首を傾げたあとに、「あっ、ブログか!」。新手の詐欺メールかと思っちゃった。すごーい、本当にブログから買ってくれる人がいるんだ。 わたしは広告が嫌いなので、PCもスマホも広告がブロックされる拡張機能もしくはアプリを...
『ボヘミアン・ラプソディ』を観て、Queen世代じゃないわたしの雑感。

『ボヘミアン・ラプソディ』を観て、Queen世代じゃないわたしの雑感。

  映画『ボヘミアン・ラプソディー』を観た。わたしはQueenのリアル世代ではないけど、高校生の時によく聴いていた。 2つ年上の姉がいて、わたしが20歳を過ぎて実家を出るまでずっと同室だった。人生における姉からの影響は大きい。姉は洋楽が好きだった。(今も好きだと思う。) 姉が誕生日か何かでもらったパステルピンクのおもち...
運動と怪我と定期的なボディメンテナンスについて。整骨院と整体とストレッチ専門店の違いなど。

運動と怪我と定期的なボディメンテナンスについて。整骨院と整体とストレッチ専門店の違いなど。

通っているジム内には整骨院が併設されていいて、週1回運動したついでにメンテナンスしてもらっています。 運動している人は、定期的にプロにメンテナンスしてもらったほうがいいというのが持論。 怪我の予防や、自分の体の癖を知ることができてパフォーマンスの向上にもつながるからです。 でも、整骨院と整体とストレッチ専門店と、いろい...
ハーフマラソンを諦め、ローリングができるようになり、会いたい人に会って、本屋を巡る話。

ハーフマラソンを諦め、ローリングができるようになり、会いたい人に会って、本屋を巡る話。

昨日はハーフマラソンにエントリーしていたのだけれど、出るのをやめました。 今週、ローリング(フラの技です)の練習を何度もした後にランニングしたら、膝がおかしくなった(爆) 来月は、今年の踊り納めのステージ「クリスマス会」があるので、ここで無理して踊れなくなったら困る。 大会前日まで散々迷って、結局やめることに決めました...
秋の草花スケッチ

秋の草花スケッチ

お散歩途中で咲いていたお花たち。 こういうのを眺めたりスケッチしたりすると、魂が喜びます。 歳を取って、もしも絵が仕事じゃなくなったとしても、スケッチは続けたいな。 このお花たちはなんという名前なんだろうか。 秋のお花って、優しい表情のものが多い気がします。 なので、いつものマーカーじゃなくて水彩色鉛筆で塗ってみました...
オーガニックコットンのマスクが快適という話。

オーガニックコットンのマスクが快適という話。

朝起きるとのどがイガイガしていて、そこから風邪に発展することが多々あるので、寝るときのマスクは必須です。 ずっとサージカルマスクを使っていたんだけど、1ヶ月くらい前にオーガニックコットンのマスクにしました。 サージカルマスクは使い捨てで衛生的だけどゴミがたくさん出るし、マスクの目的は感染予防よりも保湿だから布製の方がい...
アートを味わうスープ。『フェルメールの“牛乳を注ぐ女”のスープ』の話。

アートを味わうスープ。『フェルメールの“牛乳を注ぐ女”のスープ』の話。

Soup Stock Tokyoが好きで、見つけたら入ってしまいます。 先日もお昼を食べようとお店に入ったら、『フェルメールの“牛乳を注ぐ女”のスープ』なるものが。 新作メニューだ! これは食べねば。 去年の10月頃にも『芸術家のレモンと鶏肉のスープ』という新作スープがありました。 さわやかで美味しかった。 秋になると...
この服着たい!をイラストで叶える vol.17

この服着たい!をイラストで叶える vol.17

「この服着たい!をイラストで叶えるシリーズ」は、こんな服着てみたいなーという願望を、イラストレーターのわたしがイラストで描いて叶えるという、ネーミングそのままの企画です。 前回の方からだいぶ時間が開いてしまいましたが、のんびりと描き続けています。 (「描いてほしい」とお願いしてくれた人も、もうそんなこと忘却の彼方かもし...
「みつはしちかこ展」チッチとサリーとピアノの部屋の話。

「みつはしちかこ展」チッチとサリーとピアノの部屋の話。

みつはしちかこさんの『小さな恋のものがたり』は、母が好きでした。 宇都宮にあった母の生家の本棚に、コミックが揃っていました。 トトロに出てくるサツキとメイの家みたいな古くて大きな家で、わたしにとっては「おじいちゃんとのなちゃん(祖母のこと)のおうち」だったけど。 夏休みや冬休みになると、家族で泊まりに行くのが我が家の慣...
親子の手帖

親子の手帖

鳥羽和久さんの『親子の手帖』を読みました。 この本は、友人が絶賛し、著者の鳥羽さんをお招きしたお話会も開催していたことで知りました。 福岡市にある、毎年150人以上の小中高生が通う学習塾「唐人町寺子屋」の塾長および経営者でいらっしゃる鳥羽さん。 友人がそんなに心を動かされた方のお話ならわたしも聞いてみたいなーと予定を確...