イラストを「こんな感じで飾ってます」という素敵な写真が届きました

個展でイラストを購入くださった方から「こんな感じで飾ってます」という素敵な写真が届きました。

お、おしゃれ!
こんなお洒落空間に飾っていただけて、嬉しい〜❤︎
写真を送ってくださったのは、「この服着たいをイラストで叶える」シリーズvol.10で夫婦でモデルになってくださった、まりは(@hamamarin)さん。
彼女のインスタグラム、ふんわり優しいお花の写真がいっぱいで癒されます。ぜひ観てみてね。
ちなみに、彼女のインスタアイコンもわたしが描いています♪

また、個展で完売したエコバックの追加生産分をご注文くださった劇作家・女優の景山伸子(@nobukokageyama )さんが、グッズのことについてブログに書いてくださいました。

マリサさんのイラストグッズ到着!【景山伸子 WEBSITE】

素敵にご紹介いただいて光栄です!
丁寧に記事を書いていらっしゃるなあ……見習いたい。

さらに、つよし(@tuyo.c)さんが、愛猫と一緒に写真を掲載くださったり。
可愛い〜!

他にも、「エコバッグ届きました〜!さっそく使っています!」というメッセージをわざわざ送ってくださる方がたくさんいらして、みんな優しいね〜。ほっこり。ありがとうございます。



梱包について。

今回、グッズもイラストも、配送の際にリサイクルの梱包資材を使わせていただきました。

これはイラストを入れた箱。通販で買い物したときに送られてきた大きなダンボールを解体して作りました。

以前、表参道にあるクレヨンハウスさんに仕事でお邪魔した際に、お店からの配送品にはリサイクル資材を使っていることに気づいたんですよね。
店頭アイテムの納品に使われていたダンボールに、オンラインショップからの注文などの配送品を入れて、箱表面のロゴ部分にはクレヨンハウスの包装紙(クレヨンハウスのキャラクター、クーヨンが描いてある)を貼っていました。
「なるほどー、こういう方法でもエコに貢献することができるんだ」
その経験を思い出して、今回真似してみました。

買ってくれた人に満足感を得ていただけるような演出は必要だし、商品が傷つかないようにするのも勿論大切だけれど、それが終わったらゴミになるしかないというのは、やはり何か考える必要があると思っています。
今後また色々グッズを作りたいと考えているのだけれど、その時に、可愛く、そしてエコにお届けできるように、よく考えたりリサーチしたりして必要なものを用意しておきたいな。

なんて話を友人にしたら、

「梱包用紙は我が家では使わないので捨ててしまうのです、昔はアマゾンの箱とかとっていたのですが、箱だらけになったので、最近は少しだけ残して捨てています。なので梱包用紙もエコだと捨てるときの痛みが少し減ります・・。」

という返事が帰ってきて。
リサイクル資材で送ると、「なんか梱包材をケチっているみたいかな?」とか「せっかくお金を払ってくださっているのに、失礼にあたるかしら?」という不安も芽生えたんですよね。
なので、彼女のコメントは嬉しかったし勇気をもらいました。
これからもポリシーを持って、活動していこう。

The following two tabs change content below.
花咲マリサ

花咲マリサ

イラストレーター、フラインストラクター。 このブログでは街中でみかけたスタイルのある人や、日々学んだこと、フラのことについてイラストでご紹介しています。 詳しいプロフィールはこちら